日向坂46とオードリーの相性抜群…『日向坂で会いましょう』の人気の理由は!?

 

テレビ東京で日曜深夜に放送中の日向坂46の冠番組『日向坂で会いましょう』が人気だ。毎回、アイドル番組の枠を超えたおもしろさがある。

1月25日の回では「お蔵回避! 新三期生の素顔をまだまだ引き出そう!」と題して、新三期生の3人(髙橋未来虹、森本茉莉、山口陽世)の年表企画が放送された。  以前に楽屋の様子を隠し撮りしたドッキリが放送されたことがあるが、そのときに泣く泣くカットされていた企画だという。  3人の年表の隠された部分を当てるというシンプルな企画だが、オードリー(若林正恭、春日俊彰)と日向坂46メンバーのやりとりでは、普通にはいかない。

例えば、高橋の2歳時の悩みについて、富田鈴花が毛量が少ないことを当てたり、3歳児に幼稚園の入園式を「血だらけ」で迎えたことをキャプテンの佐々木久美が当てたり、MCの若林が「こんな事あんのかな?」「収録巻いてんの?」「もっと遊ぼうぜ!」と言ってしまうような展開が起きた。  また、森本が3歳のときに立てこもった理由と場所を答える際には、春日が「自分たちの存在理由が分からず、衣装部屋立てこもり事件が発生」と回答(正解は鍵の開け方が分からずトイレに立てこもったという事件だった)。  これは「アザトカワイイ」でセンターを務める佐々木美玲(一期生)がかつてライブの本番で知るはずだった二期生メンバーオーディション開催をリハーサル終わりに知ってしまいあまりの混乱のためメンバーみんなで衣装部屋に入ってボイコットしようとしたエピソードを踏まえてのものだ。  すっかり「おひさま(日向坂46のファンの総称)」となった春日が過去のエピソードを踏まえて回答しているのも微笑ましかった。

また、5歳でホッピングで鼻を強打して出血した山口。6歳に「同じ子を2回〇〇で殺しかける」という項目には、「ハンマー」「ホッピング」「砂丘」「言葉の刃」など次々とボケ回答が連発した。  その後、指スマ(ちっちーの、ちっちちーばる)対決や、謎の遊び「やどうふ」、剣道対決などのくだりが続いた。やどうふについては、缶蹴りの物バージョンという説明がされたが、謎に包まれたままだった。  山口は放送後にブログを更新し、この遊びについて解説していた。

簡単に言うと、、、 例えばサッカーゴールをやどうふにしたら鬼は〇〇見つけた「やどうふ」って言ってサッカーゴールにタッチします。 その後にほかの逃げている人が鬼がそれをする前に「やどうふ」って言ってサッカーゴールをタッチするとみんな逃げれるっていうゲームです

わかるようなわからないような……。  毎回、ボケとツッコミ、フリとオチ、むちゃぶり、大喜利……まるで芸人の番組かと思うほど笑いどろこが多い『日向坂で会いましょう』だ。

(引用元記事)
https://news.yahoo.co.jp/articles/977ebd96102ce9bc29e225a1919360300b6353ac

neo*****
リトルトゥースから日向を知ったものです。
よくい日向坂はオードリーがおもしろくしているという意見を目にします。
実際そうかもしれない。でも、過去にサンドウィッチマンとやっていた番組も拝見しました。
粗削りながら彼女たちのポテンシャルが垣間見えていました。
そこにオードリー+ケーマックスのスタッフによる化学反応が起きたのでしょう。
このままオードリー&日向坂で天下を獲ってほしいですね。

goo*****
オードリーさんの人を傷つけない笑いが大好きだな。日向坂で会いましょうのMCがオードリーさんで本当に良かったです。

isi*****
ひなあいをもう少し早い時間か土曜の深夜だったらと思う事はあるね。
色々なバラエティ番組があるけどひなあいが1番楽しみなのは確かだね。
MCのオードリーと日向坂のメンバーが全力で番組を面白く楽しくやってるのが良い!
そこにケーマックスがテロップやBGMで更に面白くしている。
収録昼過ぎから始めて日が暮れるまで(泣く泣くカットが多いのも楽しいから)やってるのも凄い!
オードリー忙しいから大変だと思うけどね
またテレビ東京でやってるのがポイントかな
テレビ東京は昔からアイドル番組をやってるのでモー娘。やAKBなどもやってたね。
少なくとも日テレではここまで無茶苦茶な事は出来ないだろうね。
外仕事でもメンバーが結果を出して来てるので今後も日向坂の活躍は楽しみだ!

ポチ
オードリーが相性がすごい良いのもあるけど、大喜利やコントやヒット祈願などの大変など根性チャレンジ、悔しくて涙ながしたり、笑いあったり、感動企画したりバラエティを色々集約してやってる上に。制作会社のケイマックスのテロップ芸が凄すぎる、あれ制作の人たちもあの番組に対して楽しくやってる上に本気ってのが伝わる。 そして日向ちゃんが番組を面白くしようと前のめりだから楽しめる。 アイドル番組というか成長ドキュメントお笑い番組

AIR
オードリーのお二人も結婚をしたし、日向坂も改名して再出発という、両者ともに乗っているだけあって勢いを感じます。またスタッフさんまで番組に登場してきて、ほんとみんなで番組を作っているという感じで面白く、時間が凄く短く感じます。みんな自分の役割を精いっぱいやっているし、またこのメンバーはこんなこともやるんだと感心させられることも多いです。コロナの影響でリモートとか全員が参加できない時もありますが、今の勢い絶やさずに日向坂の良さを伸ばしてくれるといいなぁと思います。

hid*****
仕事で失敗したり疲れ切ったりしても、毎週日曜深夜にひなあいを見て夜中にめちゃくちゃ笑ってリセットして、よし明日からまた1週間頑張ろうという気持ちになれるルーティーンが確立できたおかげで最近本当にメンタルが安定してちょっとやそっとのことじゃイライラしたりしなくなりました。
大袈裟ではなくおひさまにはそういう人多いと思う。本当に元気をくれるグループです。

hs*****
比較的控え目な小坂さん、東村さん、濱岸さんなども、きちんと楽しい部分を引き出している。オードリーの手腕もあるが、個々のポテンシャルが高すぎる。

so2*****
めちゃくちゃ面白い番組なのに関東と一部の県でしか見られないのが本当に残念。
TVerでもいいから配信してくれないかなぁ?

t*****

 
ひなあいは日向坂に興味がない人でも楽しめるクオリティになってるからすごい。
でもテロップ等の演出は細かくて、コアなファンでも楽しめる要素もちゃんとあるのが凄くいいと思う。
日向坂、オードリー両者の番組に対する姿勢も素晴らしい。
オードリーファンの自分としては、春日がどんどん日向坂にハマっていく様が面白い。

hap******
オードリーにハマり、リトルトゥースになり、ひなあいにたどりつきました。
ひなあいの面白さは、日向坂✕オードリー✕ケイマックスの化学反応の結果かと思います。
昨年末のタナの回は最高でした

rwm*****
オードリーが好きで見始めたんですか、本当にアイドルなの?と思うぐらい面白い番組ですね(笑)いろんなことに一生懸命な日向坂だから、共感を持たれたんだと思います。ジジイも応援してます

pol*****
最近は、単発企画が少なくなっている。
通常のスタジオ収録にもかかわらず2週下手すれば3週分稼げるだけの取れ高があるのがすごい。それだけメンバー、オードリー、ケーマックスの番組へ全力で取り組んでいるといことだと思う。そりゃカットも放送されない回も多いかと

bob*****
日向坂のメンバーの姿勢だと、思います。お辞儀する時の姿勢。
そして、ひなあい収録の姿勢。→楽しむ。
そして、オードリーのお二人。
若林さんは、あえて河田さんとか、ひよたんにムチャぶり、ふったり。満面なく、メンバーにふったりするスキル。そしてアジャストする春日さん。面白いですよ。

enk*****

 
がな推しの最初の時は『怖い』印象しかなかったオードリーが、よくここまでメンバーに馴染めたな(逆もしかり)と思う。
それが、あのBBQ企画に現れてる。
そこから、よく田中をあそこまで弄ばす(?)ようなクレイジーな番組への成長だからな。
まさに、オードリーも、日向坂も、ケーマックスもクレイジー。

GoGo
オードリーも日向坂メンバーも楽しそうだし
番組作ってるスタイルさんも楽しそう。
テレビ観てるとスタッフさんの笑い声が
めっちゃ入ってるもんな♪

des*****

 
元々はファンではなかったけど面白くてファンになりました
全バラエティーの中でも一番面白い

ate*****
メンバーの修行番組と言ってイイでしょうね(^^)。゛外番組゛でも活躍してるし。

max*****

 
あの人見知りの若林が若い娘にぶっ飛ばすぞ!!とプロレス出来るほど仲良くしてるのが信じられない。

hug*****
オードリーが日向坂をいじって面白くするだけじゃなくて、日向坂メンバーがガチでオードリーを笑わせにいってるとこが面白い

npy*****
春日さんのおひさま回答は、私も同じく微笑ましく思えました笑
やどうふは、ぱるちゃんのブログで理解できました。

(引用元)
https://news.yahoo.co.jp/articles/977ebd96102ce9bc29e225a1919360300b6353ac/comments
スポンサーサイト



コメントの投稿
非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

hinaohdorinews

Author:hinaohdorinews
日向坂で会いましょうを見て、日向坂・オードリーのファンになりました!
よろしくお願いします。

リンク先記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示