日向坂46 オードリー、土田晃之、小籔千豊…芸人との間に生まれた良好な関係性

 

ここ最近、日向坂46のバラエティ番組における活躍が目覚ましい。ただ改名前のけやき坂46(ひらがなけやき)時代からバラエティ能力は非常に高く、冠番組『ひらがな推し』(テレビ東京)では、MCを務めるオードリーと二人三脚で、時折ハードとも思えるお笑い要素の強い企画に臨んできた。彼女たちの実績を振り返ると、今の需要増の流れは納得だ。

これまで冠番組ではオードリーのほかにも、『欅って、書けない?』(テレビ東京)で土田晃之澤部佑(ハライチ)と共演していた。当時は欅坂46のアンダーグループ的な立ち位置での出演だったが、自己紹介の段階から加藤史帆と佐々木久美がペアとなり「虫に刺されて変になった人」という即興コントを繰り広げるなど、収録を通じ常に積極的な姿勢を見せ、漢字欅とは異なる雰囲気を要所要所で放っていた。土田はそのバラエティ番組におけるスキルを見抜き活躍の場を広げてあげたいと願ったのか、「AbemaTVとかでひらがなけやきの番組やらせてくれないですかね?」(『土田晃之 日曜のへそ』(ニッポン放送)より)とスタッフに直訴したというエピソードもある。

グループ改名後の冠番組『全力!日向坂46バラエティー HINABINGO!』(日本テレビ)では小籔千豊と共演し、そこでもバラエティ番組のスキルを学んだ。吉本新喜劇の座長を務める小藪はあたたかな視線を向けながら、全力で笑い作りに取り組む彼女たちを見守った。初回放送の囲み会見で小藪は「日向坂がこの番組を通じて、バラエティとかに出て行くお手伝いができたらなと。本当に彼女たちが少しでも売れたり、何かいい方向に迎っていけたりすればいいなと思っております」と語っていたが、まさにその言葉を現実のものにするかのように、今日の日向坂46は数々の番組で輝きを放っている。  ここ最近ではキャプテンの佐々木久美がバラエティ番組『みえる』(テレビ朝日系)で東野幸治と共に進行役を務める。また齊藤京子はさらば青春の光らとラジオ番組『アッパレやってまーす!~土曜日です~』(MBSラジオ)で共演。佐々木久美は東野に、齊藤は森田哲矢に強めに弄られながら、着実に良好な関係を築き上げている(『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(関西テレビ・フジテレビ系)に2人が出演した際、「アイドルって優しく扱っていただくことが多いんですけど、ガンガン弄られるとキュンとしちゃう」とコメントしていた)

ほかにも、どの番組に出演しても気づくと共演者から「丹生ちゃん」と呼ばれているキャッチーな存在の丹生明里、常にニコニコとしながら現場を明るくする佐々木美玲、コミカルなリアクションと笑いへの貪欲さで爪痕を残す加藤史帆など、さまざまな個性がそのまま日向坂46の強みとなっている。  そんなことを書き連ねたが、彼女たちが番組で共演する芸人と良好な関係性を築いているのは「バラエティ番組の対応力が高い」からだけではないと感じる。

(引用元記事)
https://news.yahoo.co.jp/articles/be3c8bf3ce7442a3d57f52e0a34b5bce09c50ee0

ao0*****
ひらがな欅のときは陰日向に咲く花みたいな感じだったけど、諦めなかったから今がある。
下積みが長かったことや蔑ろにされてた事を逆境に変えて今咲き誇ってる感じだね。

big*****
グループのなりたちゆえに、いろんな芸人さんと絡むことになったのは
結果的に彼女たちにとってラッキーでしたね。
まあその幸運を結果につなげているのが彼女たちの凄さですが。

gol*****
良い記事だなぁ。分かりやすくまとまってる。
色んなテレビで出て活躍し始めたメンバーを紹介して貰ってますが、まだ二期生メンバーの松田好花や富田鈴花など適正が高くビジュアルも良いメンバーも残っています。そのメンバー達もいずれ必ずや活躍してくれると信じています。愛萌の食レポは爆発力高いので楽しみです。
日向坂メンバーの良い所は何にでも前向きなところだと感じてます。チャレンジ精神を活かして大いに活躍していって欲しいと思います。

wat*****

 
例えるに、野球をやってる子達が名門野球部のある高校にめでたく入学した。
しかしそこにはレギュラーの座はなく、先輩たちの練習を後ろから見てボールすら触れない日々が待っていた。
いつか試合に出れる日は来るのか、入る高校間違ったのか、それとも野球を続けてたこと自体が間違いだったのか。
敗北感焦燥感、襲い掛かる葛藤は並ではなかったろう。
日向坂の今があるのは試合がなくったって地道にキャッチボールやノック、走り込み等々し続け、大きな声であいさつをする。
基本的なことをただただ忠実にしてきた結果である。

jya*****
ほんとその通りだと思う。
一生懸命な若い人っていうのは誰が見たって応援したくなる物。しかも礼儀を忘れないからそりゃ可愛がられる。
挨拶は当たり前だけど共演者とスタッフに差を作らないって多分普通じゃないんだと思う。
ひらがな推し初回でオードリーがスタジオに入ってくるメンバーをモニタリングしてたけどスタッフにちゃんと挨拶することに驚いてたって事がそれを物語ってる。

しかもその理由が大きな運営にも関わらず最初から恵まれていた訳でなく、誕生のきっかけが特殊で苦しい下積みを重ねたからこそだと知ると納得すし、本当に良かったね、あんな日々を乗り越えたならどんな事でも乗り越えられると思う。これからもがんばってねって応援したくなる。
日向坂はアイドルに興味ない人こそ歴史を知るとハマると思う。これからも楽しみです。

mas*****

 
武道館から潮目が変わった印象。オードリーや小藪との出会いも良かったのかな。個人的に印象深いのは、けやかけ時代の漢字VSひらがなのリレー対決。全力疾走するひらがなメンバーをみて感動した覚えがある。彼女たちの必死さが伝わってきてね。漢字欅も嫌いじゃなかったけど、そのあたりからひらがなの方に注目し始めた。

hoe*****
2020年はコロナの影響で活動する場所が制限されたこともあって、この記事のようにテレビのバラエティ番組中心に語られてしまう事が多いんだけど
このグループの魅力はアイドルに超真面目な所であって、別にバラエティだけに特化している訳では無いと思う。
与えられた仕事に真剣だからバラエティも頑張るけど、ライブでパフォーマンスしている時こそが一番輝いているのではないかなぁ。
有人ライブが開催できるような状態にはなかなかならないと思いますが、オンラインライブは気軽に見られるので多くの人にライブを見てほしい。

mas*****
礼儀を守る、仕事に全力で取り組む。
当然のことではあるけれど、この当然のことをしない・できないグループがあったからね。
ゆえに、きちんと仕事してる彼女たちの評価が、相対的にすごく高い。

orl*****
MCの技量ももちろん大事だけど何よりメンバーのやる気や前に出る勇気が無ければ番組は面白くならない。日向坂はその分欅の陰に隠れ続けてやっと掴んだチャンスを放すまいとして全力でバラエティに臨んでいる姿が見ていて清々しいし面白い。

ama*****
なぜかわからないけどこの子達見ていると楽しい気分になる

hs*****
「面白い事が言えない」「フリップの出し方がまずい」等の自己評価で、悔しくて泣くアイドル。どれだけストイックなんだと感心しきり。

nzx*****
日向坂46の挨拶は本当に素晴らしい。
ドキュメンタリー映画を見て一番心に刺さりました。

lar*****
携わってくれたそれぞれの方々が、メンバーに良い影響を与えそれに応え様としてる彼女達だから、たくさんの人達に愛されてるのでしょうな。

rst*****
色々、好感持てるけど
YouTube見て
ダンスも凄くて尊敬してます。

sas*****
挨拶で言うと、ライブ終了時、最後に舞台からはけるメンバーが深々とお辞儀するよね。

yyy*****
ひなあいがとにかく面白い
全国放送してあげて

(引用元)
https://news.yahoo.co.jp/articles/be3c8bf3ce7442a3d57f52e0a34b5bce09c50ee0/comments
スポンサーサイト



コメントの投稿
非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

hinaohdorinews

Author:hinaohdorinews
日向坂で会いましょうを見て、日向坂・オードリーのファンになりました!
よろしくお願いします。

リンク先記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示