【日向坂46】齊藤京子、自身のキャラに迷い “ひなあい”で抱いた危機感も明かす

 

持ち前の低音ボイスと歌唱力で日向坂46のパフォーマンスをけん引する一方、“ひなあい”の愛称で親しまれるグループの冠番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京/毎週日曜25時5分)では、ぶりっ子キャラなどでキュートな一面を見せてくれる齊藤京子。バラエティー番組での対応力に定評あるグループの中でも存在感を放つ1人だが、自身のキャラについては「どんな自分が正解なのかは迷います」と本音を打ち明ける。

■“ひなあい”収録で抱いた危機感「影が薄くなってる」  昨今、オードリーがMCを務める彼女たちの冠番組“ひなあい”では、グループで取り組む仕事を“内仕事”、そこから離れた環境での仕事を“外仕事”として、メンバー個々の外仕事への対応力を育成しようとする企画が目立つ。客観的に見れば、ホームである内仕事の方が取り組みやすいのかと思いきや、齊藤にとっては苦戦する部分もあるようだ。  「たぶんほかのメンバーとは逆で、外仕事の方が爪痕を残せている気がします。内仕事になるとぜんぜん手応えを感じられないのが、いい意味でも悪い意味でも私かなとは思っていて(笑)。外仕事では私のキャラクターに新鮮さを感じてくださるのか、MCの方がよくツッコんでくださるんです。

でも、メンバーがそろう内仕事では、意外と自分を発揮できず、発言できないことも多くて、自分にとっての課題になっています。今に始まったことではなく、元々、小学生の頃から大人数ではしゃべれなくなるような子だったし、MCの若林(正恭)さんからは『オードリーと一緒だよ』と言われたこともあって。アイドルとしてはグループでの活動だから乗り越えていかなければいけない壁だし、頑張らないといけないと思っています」。  テレビ越しに見る笑顔とは裏腹に、自分にとってのホームであるからこその苦労を明かす彼女。実際、ひなあいの収録で危機感を募らせたこともあるという。  「ひなあいは、1回の収録で3~4週分を撮影するときがあります。ただ、スタジオ収録へ行っても、ほぼ話すことができないままのときが何度かあって。そうなると、自分にとってはたった1日の撮影ですが、オンエアだと1ヵ月間も何もしゃべっていないことになってしまうんです。  それに対して『齊藤京子が全然ひなあいでしゃべってくれない』という声もあったし、自分なりにも『ヤバい。きちんとスタジオの流れに乗らないと放送もされない』と思って。時期としては昨年の夏頃で、たぶん、放送上だと4ヵ月間ぐらいまったく話してないかもしれないと思える期間がありました。視聴者の皆さんも『きょんこって影が薄くなってるよね』となっていたはずなので、そこから積極的に発言をしようと自分の気を引き締めました」。

■ぶりっ子キャラを確立するも「どんな自分が正解なのかは今でも迷います」  バラエティー番組での活躍が目立つ背景では、日向坂46のメンバーそれぞれが持つ個性も光る。その一人である齊藤は、自分のキャラクターをどう感じているのか。番組スタッフからの評価も含めて明かしてくれた。  「個人的には、唯一無二のキャラクターかなと思っています。いい意味でグループに溶け込めていないというか、みんながワイワイしている場面でははたから見て笑いつつ、群れないのも自分らしさかなと思って。実は、ひなあいのスタッフさんからも『齊藤京子はいい意味で一匹狼だし唯一無二だよね』と言われたことがあり、オンリーワンという意味だからうれしかったです。  収録後に『一撃必殺キャラのポジション』と言われたこともありました。日向坂46にはガヤを担当するメンバーもたくさんいますが、私の場合は『どう思う?』と聞かれたときに、“ズバッと言ってドカン”みたいなタイプと思われているみたいで。みんなが盛り上がっている場面では静かにしているけど、いざ何かの話題を振られたときに『面白いことを返してくれる』と評価していただけたのも記憶に残っています」。  試行錯誤を重ねながら、内仕事でも自分の立ち位置を確立しつつある彼女。昨今のひなあいでは、自らのあざとさを存分に発揮した“ぶりっ子キャラ”も番組の味になっている。  「初めてやってみたときに若林さんが笑ってくださったので、続けた方がいいのかなと思いました。ただ、やり過ぎるのも良くないし、バランスは悩むんです。どこかの場面で急にぶりっ子キャラをやったら『かわいい』と言ってくださる方もいますけど、人によっては『やり過ぎじゃない?』となるので、正直、控えめなときもあります(笑)。  プレゼン企画で渡邉美穂が発案した『第2回ぶりっ子選手権』でも、たくさん笑っていただけるからとやり続けたら『齊藤京子っぽくない』と言われたり。どんな自分が正解なのかは今でも迷いますし、素のままだと強いと言われがちだから、どっちに振るべきか分からなくなるときもあって。そもそもはやり始めた自分がすべての原因なんですけど(笑)。皆さんを惑わせてしまっているとは思いつつ、ただ、ネットの声は気にしていたらキリがないので、とらわれないようにしようとは思っています」。

(引用元記事)
https://news.yahoo.co.jp/articles/695a0e89819e6123ca6e91a15f9620ecac526dd7


gol*****
確かに何も言えていない時が有ったよなぁ。気がつけばぶりっ子をぶち込んで来たので驚いた記憶があります。
この子はオンリーワンだし居てくれるだけで存在感出してくれるから大丈夫なんだけれどね。
前にテレビでMY FUNSを披露した時に斎藤のアップから始まったけれど、改めて綺麗な子だと思いました。
居るだけで存在感が出ている子なので、焦らないで活動していって欲しいですね。

lpk*****
一番最初に注目されるのが京子でその後他のメンバーがじわじわ追い上げてくる感じだよね。ひなあいではほとんどのメンバーが個性をだせるようになっている。
前にでるのが苦手な小坂も若林さんが上手く贔屓を使って目立たせている。

wnu*****

 
キャラに迷うのってなんとなく解る。
あれだけ個性的なメンバーが揃っていたら無理もない事だけど、きょんこはボーイッシュでカッコいいイメージから、実は天然で可愛らしい内面が魅力的。
番組でもそれが見れて、生き生きしてるし、
「ひなあい」はオードリーとのコミニュケーションの取れた仲と、ジェネレーションギャップのバランスがあって、良い環境に見えますね。

b7s*****
迷うのもいいことだよね。ちゃんと仕事に向き合ってるから迷うわけだし。
そのお蔭でいろんな面を見られる。

aqe*****
齊藤京子は、確かに最近あまり前に出てきてない印象でした。
ある程度、注目されるメンバーを流動的にする必要もある。そこがグループの難しさだし、時には引っ込むことも必要。
ただ、齊藤京子は、いるだけで存在感があるから、また面白い場面が来ると思う。

mas*****
悩んでも自分なりに考えて頑張れるのは素晴らしい。ネットの声に囚われないという点も。

gyb*****
キャラなんて気にしなくていいってファンは思うけど、芸能界ってそうじゃないんだろうな…

rem***
つくづくアイドルは大変だw

(引用元)
https://news.yahoo.co.jp/articles/695a0e89819e6123ca6e91a15f9620ecac526dd7/comments
スポンサーサイト



コメントの投稿
非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

hinaohdorinews

Author:hinaohdorinews
日向坂で会いましょうを見て、日向坂・オードリーのファンになりました!
よろしくお願いします。

リンク先記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示