”コロナ禍でのライブ配信” 日向坂46、ライブと演劇を組み合わせた独自のエンターテインメントを披露!

 

■眼の病気で活動を休止していた松田好花が、一部ステージで復帰! 日向坂46メンバーの「おかえり!」の声を背に受けて涙! 12月24日、日向坂46による無観客配信ライブ『ひなくり2020 ~おばけホテルと22人のサンタクロース~』が行われた。視聴チケット販売数9万5,714枚、推定総視聴者数30万人という、日向坂46の配信ライブ史上最大のイベントとなった。

今回のライブは、このドーム公演の代わりにクリスマスをファンと過ごすために、一夜限りのイベントとして企画された。 その内容は、ライブと演劇を組み合わせたような独自のエンターテインメントとなった。無観客のライブ会場に大小様々なステージが用意され、日向坂46らしいファンタジー感を演出しつつ、ドーム公演にも劣らないスケールを実現。ARなどの最新技術も駆使し、カメラに向かってメンバーがアピールしながらパフォーマンスしていくという演出は、コロナ時代の“最適解”とも言えるものだった。

開演前の影ナレは、メンバーの宮田愛萌が担当。現在、宮田は体調不良で休養中だが、ファンの間では“ぶりっ子女王”として知られる宮田らしいサービス精神たっぷりのナレーションを全国のファンのもとに届けた。 そして本編のオープニングでは、昨年の『ひなくり2019』のラストに出てきた“空色の卵”がVTRで登場。卵が割れると青い鳥が現れ、今回のライブが昨年の『ひなくり2019』の1年後を描いた世界であることが明かされた。続いてサンタクロース衣装に身を包んだメンバーたちが登場し、佐々木美玲の「ひなくり2020、いっくよー!」という元気な掛け声でライブがスタートした。

曲の合間には芝居が挟まり、メンバーたちの大切なものが次々となくなっていることや、この世界の夜がもう一週間も明けていないこと、みんなへのプレゼントを作るための「おひさま」の力が失われていることとなどが語られていく。日向坂46メンバーはファンのことを「おひさま」と呼んでおり、ファンと会えない日々が続いていることも思い起こさせる設定だ。

オープニングに登場した青い鳥「ポカ」の説明で、この現象を起こしているのは「おばけのホテル王」だということが分かった。その説明の合間に、富田鈴花がバラエティ番組の収録でよく泣いていることなど、メンバーの恥ずかしいエピソードを盛り込んだメンバーいじりが挟まるが、なぜか小坂菜緒にだけは「応援してるよ」とエールが送られる。釈然としないメンバーたちだが、ともかくおばけのホテル王を止めるために旅に出るのだった。

今年9月にリリースされた日向坂46の1stアルバム『ひなたざか』に初収録されている楽曲「ただがむしゃらに」の内容に合わせて、歌いながら元気に行進していくメンバーたち。彼女たちの前に、“旅から帰ってきたギタリスト”という設定で松田好花が登場した。松田は眼の病気のため9月から休養しており、これがサプライズでの復帰となった。感極まってステージ上で涙を浮かべた松田は、富田鈴花とのユニット曲「まさか、偶然…」をアコースティックギターで弾き語りし、休養前と変わらぬ見事なハモリを聴かせた。

その後も「ワニの船長」や「うそつきなオオカミ」といった着ぐるみのキャラクターたちの協力を得て進んでいく日向坂46メンバー。絵本の世界のようなファンタジックな設定に合わせ、壮大なスケール感の「川は流れる」、そして一期生の中でも歌唱力に定評のある加藤史帆&齊藤京子&佐々木美玲によるパワフルな楽曲「どうして雨だと言ったんだろう?」をパフォーマンスする。ARによる光の川や激しい雨の映像がダンスを盛り上げ、配信ならではの見せ場を作っていく。

世の中の多くの人と同様、コロナ禍によって活動が大きく制限された日向坂46。予定されていたアリーナツアーや対面での握手会も中止となり、ファンと触れ合う機会は激減した。しかし、バラエティ番組などに活躍の場を広げ、メンバー発信で動画制作なども行ったことによって、グループの存在感はむしろ増した。東京ドーム公演は1年延期となったが、そのぶん、より大きくなった日向坂46をドームのステージで観れることを、多くのファンが願っているだろう。

(引用元記事)
https://news.yahoo.co.jp/articles/85547759a2c1c67b51769007b1e40fee51dfafdd


izb*****
「最適解」は人それぞれの感じ方があるけれど、配信ならではのARや複数ステージを駆使したライブは見事なものだった。
何より、ライブ後のツイート数は19万を超え、次の日もファンが余韻に浸るツイートが後をたたなかったことを見ていると、ファンの満足度は相当なものだろう。
日向坂の魅力は、ファンとともに楽しもうという姿勢。いつも一生懸命な姿が見てとれるから、応援したくなる。
一ファンとして、末長く活動を続けてほしいと切に望むグループだ。

hin*****
日向坂はメンバーも運営もおひさま(ファン)のことを考えてくれているし、おひさまもメンバーのことを考えている。
愛が溢れるグループですよね。
コロナ禍で思うような活動が出来ない中で、どうしたらおひさまが喜んでくれるのかを考え、握手会に替わる、オンラインでのお話会(ミート&グリート)を始めたのも、ツアーが出来ない中でもファンにライブを届けたいとオンラインライブを始めたのも日向坂ですよね。
おひさま達はメンバーと直接会う機会は減りましたが、メンバーを想う気持ちや日向坂への愛は確実に増えた1年だったと思います。
来年もどうなるかわかりませんが、日向坂メンバー全員が『約束の地』でおひさまとひなくり2021が開催出来ることを願ってます!

urm*****
他の坂道グループとの差別化として演劇パートに比重を置くのは良い判断だと思う。記憶に定着しやすいと言うかあの時のライブはあんな感じのストーリーだったなと印象付けて覚える事が出来る。

bjm*****
まあ、確かに配信ライブでしかできない演出を見せてもらったって感じではあるね
来年の終わりにライブができるようになってるといいよね…
いったいポカは何カバヤシさんだったんだろう…?

arq*****

 
MJのスリラーダンスではなく「どんマイケルジャクソン」のダンスなんだけどなぁ(笑)

(引用元)
https://news.yahoo.co.jp/articles/85547759a2c1c67b51769007b1e40fee51dfafdd/comments
スポンサーサイト



コメントの投稿
非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

hinaohdorinews

Author:hinaohdorinews
日向坂で会いましょうを見て、日向坂・オードリーのファンになりました!
よろしくお願いします。

リンク先記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示