アイドルグループ「日向坂46」の加藤史帆さんと齊藤京子さんが、12月30日に生放送された「第62回輝く!日本レコード大賞」(TBS系)に出演。時代を超え歌い継がれる名曲を特集する企画で、双子デュオ「ザ・ピーナッツ」の「恋のバカンス」を歌唱した。

グループの中でも歌唱力に定評のある2人。ステージでは、真っ赤なワンピース姿で美しい歌声のデュエットを響かせた。パフォーマンス後、齊藤さんは「私たちが生まれる以前の曲ですが、日向坂46のメンバーにも伝えたら、多くのメンバーが知っていました」とコメント。加藤さんは「このようなステキな場所で私たちが歌わせていただけてとてもうれしかったです。ありがとうございました」と語った。

SNSでは、ファンの「最強のシンメ!」「めちゃ息が合ってた…」「2人ともうますぎる!!」などのコメントが続々と上がった。

(引用元記事)
https://news.yahoo.co.jp/articles/27a84d5a3d52219e2a86a18ca3bbb14fe52606b1

続きを読む >>

スポンサーサイト



 

大みそか恒例『第71回NHK紅白歌合戦』のリハーサルが行われている30日、番組公式ツイッターに櫻坂46のコメント動画がアップされ、広いステージを使ったパフォーマンスを予告した。

改名前の欅坂46としてはデビューした2016年から4年連続4回出場。今年10月に解明してから初出場で、6番手で登場する。リハーサルを終え、渡邉理佐が「今回は無観客ということで、去年までは客席があった部分を使って広いステージでパフォーマンスさせていただいたり、日向ちゃん(日向坂46)とメドレーのように私たちも出演させていただくので、私たちらしい櫻坂らしい色を出せるように頑張りましょう!」とメンバーに呼びかけた。  最後は、今月9日にリリースされた初シングル「Nobody's fault(ノーバディーズ フォルト)」でセンターを務める森田ひかるが「それでは、大みそかをお楽しみに!」とカメラに向けて手を振った。

(引用元記事)
https://news.yahoo.co.jp/articles/6d20287d4c45f5b73dab5a9f88d63f07655a3b36

続きを読む >>

 

結成20周年という節目の年にふさわしく、2020年のオードリーはまさに“第2の黄金期”を感じさせる活躍ぶりとなった。コンビ・ピンそろって、レギュラー番組でもゲストでも出演が相次ぎ、『2020テレビ番組出演本数ランキング』では、若林正恭が4位(496本)&春日俊彰が7位(433本)とコンビそろってベスト10入りを達成。その人気の秘密はどこにあるのか。冠番組の中から、2人の自由な空気感が好評な中京テレビ『オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。』(通称:オドぜひ 毎週月曜 深0:59 日本テレビでは毎週木曜 深1:29)と、テレビ東京『あちこちオードリー』(毎週火曜 深1:35)を通して、魅力を探っていく。

『あちこちオードリー』は、春日が店の大将、若林がその店の常連客となり、いま注目の芸能人をゲストに迎えて、本音で語り合うトーク番組。春日と若林の自然体のトーク、そしてリラックスしたスタジオの雰囲気で、ゲストが本音を“うっかり”漏らしてしまうところも番組の魅力だ。今年10月、パンサーの向井慧をゲストに迎えてオンラインイベント『祝!あちこちオードリー開店1周年パーティー~春日の店、今夜は完全予約制ですよ!~』を行ったところ、アーカイブを含めると4万2千人以上が視聴するほどの大盛況となった。この番組も“ラジオっぽさ”を感じさせる内容だが、オンラインイベントにあたってインタビューを行った際、2人はこのように語っていた。 【春日】少人数ということで、形はラジオに似ていますね。ゲストが来ても私がノビノビできるギリギリの最大人数ですから。私は6人以上だと厳しいので(笑)。ゲストの方もボケようと思ってないから、自分も“ツッコミ役”になろうという意識はなくて、トークの流れで変な発言にはツッコミを入れるし、しょうもない話には「しょうもねえなぁ!」って言っているだけです。 【若林】台本がないし、事前に何も決まってないし、話が盛り上がると用意していたフリップを出さないこともよくあるので、改めて考えるとラジオに近いなって思います。逆に「なぜカメラがあるのか?」っていうくらい(笑)。  さらに、若林が自身の芸能界における立ち位置を、野球のポジションと打順を例えにして“守備はうまくて当たり前で、守備のうまさは褒められないが、ひとたびエラーすると叩かれてしまう”という意味で、「7番セカンド」だと表現。これがフジテレビ系『ワイドナショー』でも取り上げられた。豪華ゲスト、オードリーの仕事論が聞ける番組としても好評を博している。  番組を手がける佐久間宣行氏は、演出のポイントについて「若林くんとよく会話して、彼からいろんな質問が湧き出てくるような人って誰かなーと考えることです」と明かす。「キャスティングの時点で演出はもう終わっているようなものなので、ギリギリまで、この人は1組のほうがいいかなーとか、真逆の人組み合わせたほうがいいかなーとか悩みます。収録の時は、カメラ横の一番近い場所で楽しむだけです(笑)」。  オンラインイベントについては「放送尺の30分って本当にあっという間なんですよね。なので、お金を払って来ていただける熱い熱量のあるお客さんたちの前で、120分近くトークするのはとても良かったと思います。反響もすごかったです」と振り返る。早くも次を期待する声もあるが「連発するつもりはありませんが、また通常回で熱を持った流れができたら開催したいと思っています」としながら、オードリーに「この番組は『今のオードリー』がやるから面白い番組だと思っています。なので、2人がこの番組を楽しんでもらえているのが伝わってくるのが一番うれしいです。そのためにスタッフも頑張ります!」とのメッセージを寄せた。

2人にとって大きな“ホーム”である『ANN』は今年も絶好調。10月19日から25日に行われた『ビデオリサーチ首都圏ラジオ聴取率調査』は0.7%で、2016年2月度調査以来、28回連続で単独首位を獲得(※19年10月調査は台風特番のため含まず)。多くのリスナーの心をつかんでいる要因について、同局コンテンツプロデュースルーム所属のプロデューサー・冨山雄一氏は「オードリーさんのフリートークに尽きると思います。『ANN』は、番組それぞれにトークから始まったり曲を流したり、番組ごとにスタイルがあるのですが、オードリーさんの番組は、25時台はタイトルコールをしてから45分以上、オープニングトークを話しっぱなしです。このスタイルはオードリーさんだけです。本当に面白いです」と分析する。  直前に放送されている『SixTONESのオールナイトニッポン(ANN)サタデースペシャル』、直後の『ANN0』など、前後の番組との関係も深まった1年となったが、冨山氏も「ここ数年、芸能人の方でリトルトゥース(リスナーの愛称)と言ってくださる人がものすごく増えたような気がします。もちろん朝井リョウさんやDJ松永さんなど、これまでもいらっしゃいましたが、SixTONESのメンバー、日向坂46のメンバーなど、一気に若くなった印象はあります(笑)。そういった方々は『ANN』のことをよく知ってくださっているので、ラジオをやる時に非常に飲み込みが早いような気がします。この1年で、佐藤栞里さんや高橋ひかる(※高ははしごだか)さんといったリトルトゥースが、オードリーさんの後ANN0を担当いただいたのも、オードリーさんのご縁あってだと思います」と感謝を伝えた。  活躍し続けているオードリーが、2021年はどんな輝きを見せてくれるのか。コロナが1日も早く収束し、若林が理想とするライブを楽しめる日が来るのを待ちながら、冨山氏が「40代になったお2人がどんなトークを展開していくか、ひとりのリトルトゥースとして引き続き楽しみにしています!」と言葉にしている通り、これからも「膝に爆弾を抱える若林」と「住所を言わなくなった春日」のトークを引き続き楽しみたい。

(引用元記事)
https://news.yahoo.co.jp/articles/1be90dd9eb4ce3ab349c7a6c62dd0fe1c05115cd

続きを読む >>

 

乃木坂46欅坂46(現・櫻坂46)に続く坂道グループとして2019年3月にシングルデビューしたアイドルグループ「日向坂46」。昨年は、デビュー1年目でのレコード大賞、紅白歌合戦出場に、メンバーはドラマ、映画にモデル、バラエティーとさまざまな活躍を見せていた。2年目の今年は、ドキュメンタリー映画「3年目のデビュー」の公開や、アルバム「ひなたざか」の発売、2年連続での紅白歌合戦への出場などがあったが、なんと言ってもテレビ番組への出演回数が増えた、という印象が強い。連日のように「日向坂46」の名前を番組出演者の欄に見かけるが、ドラマ、バラエティー、スポーツ……と、メンバーそれぞれが持ち前の特技で、活躍の場を広げていった1年を振り返る。

続きを読む >>

続きを読む >>

続きを読む >>

 

■眼の病気で活動を休止していた松田好花が、一部ステージで復帰! 日向坂46メンバーの「おかえり!」の声を背に受けて涙! 12月24日、日向坂46による無観客配信ライブ『ひなくり2020 ~おばけホテルと22人のサンタクロース~』が行われた。視聴チケット販売数9万5,714枚、推定総視聴者数30万人という、日向坂46の配信ライブ史上最大のイベントとなった。

今回のライブは、このドーム公演の代わりにクリスマスをファンと過ごすために、一夜限りのイベントとして企画された。 その内容は、ライブと演劇を組み合わせたような独自のエンターテインメントとなった。無観客のライブ会場に大小様々なステージが用意され、日向坂46らしいファンタジー感を演出しつつ、ドーム公演にも劣らないスケールを実現。ARなどの最新技術も駆使し、カメラに向かってメンバーがアピールしながらパフォーマンスしていくという演出は、コロナ時代の“最適解”とも言えるものだった。

開演前の影ナレは、メンバーの宮田愛萌が担当。現在、宮田は体調不良で休養中だが、ファンの間では“ぶりっ子女王”として知られる宮田らしいサービス精神たっぷりのナレーションを全国のファンのもとに届けた。 そして本編のオープニングでは、昨年の『ひなくり2019』のラストに出てきた“空色の卵”がVTRで登場。卵が割れると青い鳥が現れ、今回のライブが昨年の『ひなくり2019』の1年後を描いた世界であることが明かされた。続いてサンタクロース衣装に身を包んだメンバーたちが登場し、佐々木美玲の「ひなくり2020、いっくよー!」という元気な掛け声でライブがスタートした。

曲の合間には芝居が挟まり、メンバーたちの大切なものが次々となくなっていることや、この世界の夜がもう一週間も明けていないこと、みんなへのプレゼントを作るための「おひさま」の力が失われていることとなどが語られていく。日向坂46メンバーはファンのことを「おひさま」と呼んでおり、ファンと会えない日々が続いていることも思い起こさせる設定だ。

オープニングに登場した青い鳥「ポカ」の説明で、この現象を起こしているのは「おばけのホテル王」だということが分かった。その説明の合間に、富田鈴花がバラエティ番組の収録でよく泣いていることなど、メンバーの恥ずかしいエピソードを盛り込んだメンバーいじりが挟まるが、なぜか小坂菜緒にだけは「応援してるよ」とエールが送られる。釈然としないメンバーたちだが、ともかくおばけのホテル王を止めるために旅に出るのだった。

今年9月にリリースされた日向坂46の1stアルバム『ひなたざか』に初収録されている楽曲「ただがむしゃらに」の内容に合わせて、歌いながら元気に行進していくメンバーたち。彼女たちの前に、“旅から帰ってきたギタリスト”という設定で松田好花が登場した。松田は眼の病気のため9月から休養しており、これがサプライズでの復帰となった。感極まってステージ上で涙を浮かべた松田は、富田鈴花とのユニット曲「まさか、偶然…」をアコースティックギターで弾き語りし、休養前と変わらぬ見事なハモリを聴かせた。

その後も「ワニの船長」や「うそつきなオオカミ」といった着ぐるみのキャラクターたちの協力を得て進んでいく日向坂46メンバー。絵本の世界のようなファンタジックな設定に合わせ、壮大なスケール感の「川は流れる」、そして一期生の中でも歌唱力に定評のある加藤史帆&齊藤京子&佐々木美玲によるパワフルな楽曲「どうして雨だと言ったんだろう?」をパフォーマンスする。ARによる光の川や激しい雨の映像がダンスを盛り上げ、配信ならではの見せ場を作っていく。

世の中の多くの人と同様、コロナ禍によって活動が大きく制限された日向坂46。予定されていたアリーナツアーや対面での握手会も中止となり、ファンと触れ合う機会は激減した。しかし、バラエティ番組などに活躍の場を広げ、メンバー発信で動画制作なども行ったことによって、グループの存在感はむしろ増した。東京ドーム公演は1年延期となったが、そのぶん、より大きくなった日向坂46をドームのステージで観れることを、多くのファンが願っているだろう。

(引用元記事)
https://news.yahoo.co.jp/articles/85547759a2c1c67b51769007b1e40fee51dfafdd

続きを読む >>

 

眼科系の病気のため休養していた日向坂46松田好花(21)が24日、クリスマスライブ「ひなくり2020~おばけホテルと22人のサンタクロース~」にサプライズ出演し、復帰した。今後の活動は状況を見て行うという。SNSでは復帰を喜ぶファンから多くの投稿があり、ツイッターでは松田の愛称「このちゃん」がトレンド入りした。

4曲目の「まさか、偶然…」で、涙目で登場し、メンバーから拍手で歓迎された。メンバーたちに囲まれながら、富田鈴花(19)と2人で、ギターの弾き語りを披露した。 アンコールで再登場し、「お久しぶりです。日向坂46の松田好花です」と涙目であいさつした。声を詰まらせると、メンバーたちから「おかえり、このちゃん、頑張って!」と激励された。両隣にいた金村美玖(18)と小坂菜緒(18)からは、背中をさすられてフォローされた。 松田は「ホームページでも発表させていただいたんですけど、目の病気になってしまって。しばらくの間、お休みをいただいていたんですけど、少しずつ、体調もよくなってきたので、今回、このような形でステージに立たせていただくことができました」と話し、「こうやって立てていることが本当に幸せです。たくさんご心配をおかしてしまって、本当に申し訳なかったったです」と涙した。 さらに「病気だって分かった時は、頭が真っ白になって、どうしていいか分からなかったんですけど、メンバーだったり、おひさま(ファンの通称)の皆さんだったり、たくさんの方が支えてくださって、前向きになることができました。本当にありがおうございます」と感謝した。「まだ完全に万全な状態とは言い切れないんですけど、様子を見ながら、少しずつ、大好きな日向坂の活動を頑張っていきます」と伝えた。 キャプテン佐々木久美(24)からは「おかえり、このちゃん。このちゃんはリハーサルから全部泣いていたから」と明かされた。富田も涙し、「帰って来てくれてうれしい。自分のペースで頑張っていってほしいなって思います」とエールを送った。高瀬愛奈(22)は「これからたくさん笑って過ごせると思うと、楽しみだね」と笑顔を見せた。 渡邉美穂(20)は号泣し、「全員そろってステージに立てるって、当たり前じゃないんだなって思いました」と言葉を搾り出した。この日は、体調不良で休養中の宮田愛萌(22)も、ライブ配信前のアナウンスで、声のみ参加していた。渡邉は「22人そろって、本当にうれしくて。ちょっとずつだけど、戻ってきてくれてうれしいです」と泣きじゃくった。

(引用元記事)
https://news.yahoo.co.jp/articles/2d8ae16d94f7deb6f53bbd5430b01aac7bc87ec0

続きを読む >>


アンガールズ田中卓志がついに日向坂46の冠番組『日向坂で会いましょう(以下:ひなあい)』(テレビ東京)に出演。「時は来た!やっとこさ、わたしの番です!~アンガ田中をメチャクチャにしましょう~」と題したドッキリ企画が放送され、大きな盛り上がりを見せた。

そもそも田中がこの番組に出演するきっかけとなったのは「第2回 企画プレゼン大会」で渡邉美穂が“どっきり企画をやりたい”と番組MCのオードリーに直訴したこと。その中でターゲットの候補者に挙がっていた、アンガールズ田中が選ばれた。しかし、多忙なアンガールズ田中のスケジュールが合わず、なかなか実現出来ずにいたが、今回満を持しての『ひなあい』出演となった。ちなみに、アンガールズ田中卓志と日向坂46メンバーは、この1年、ゲーム番組を中心に着々とその関係性を築いている。

今回の“ニセ番組収録”ドッキリ企画でもこれまで共演回数の多い金村美玖、丹生明里が活躍を見せた。丹生は『有吉ぃぃeeeee!~そうだ!今からお前んチでゲームしない?』(テレビ東京)収録時の“しくじりエピソード 肉のカーテン事件”をガチンコで相談し、番組を盛り上げた。若林正恭のリモート指示があったとはいえ、金村も大喜利要素のあるクイズコーナーで積極的に回答し、山場を作った。  ”国民的彼女”を目指す齊藤京子は終始ぶりっ子キャラに徹することで、ほかのメンバーとは異なる角度で番組を盛り上げた。齊藤のキャラクターっぷりに困惑する田中ではあったが、まったくブレることのないぶりっ子芸は確かなインパクトを残していた。

特にお見事だったのはニセ番組収録に参加する日向坂46の団体芸ではないだろうか。台本が目の前に落ちた際、アンガールズ田中は自身のネタ「ジャンガジャンガ」を披露したが、目の前にいたメンバーたちはとっさに同じポーズを取った。田中が「勝手にやるな(笑)! 俺がやってるんだから」と主張するも、若林の指示で佐々木久美がもう一度台本を落とすと、今度は収録メンバー全員が「ジャンガジャンガ」を繰り出した。“てんどん”もしっかりマスターし、全員で笑いを生み出していく姿勢はやはり見事だ。

そんな“田中ドッキリ企画”は3週にわたって放送。「アンガールズ田中×オードリー×日向坂46」の3組が揃ったら撮れ高が十分過ぎるというのは容易に想像がつき、長尺になるのも頷ける。次の『ひなあい』(12月27日深夜放送)では、河田陽菜扮する“怪盗KAWATA”も登場。若林の指令、日向坂46のバラエティ力で、ラストにアンガールズ田中はどんな“メチャクチャ”な姿を見せてくれるのか。年内最後の放送も大きな笑いが期待できそうだ。

(引用元記事)
https://news.yahoo.co.jp/articles/57035516298542cceb22f33cc0e7f9a950fb1fbc

続きを読む >>

 

人気アイドルグループ・日向坂46小坂菜緒(18)と金村美玖(18)が表紙を飾るアイドル誌『アップトゥボーイ vol.298』(23日発売・ワニブックス)から、誌面カットとインタビューの抜粋が公開された。

同誌は来年2月発売号で通巻300号に向けた「300号カウントダウンスペシャル」の第3弾として、日向坂46を大特集。3年前に“けやき坂46”に二期生として加入した当時に同誌の表紙を飾って以来、3年ぶりの“なおみく”2ショットカバーで、成長した美しさを見せた。

インタビューでは、3年前と同じく「お互いにとってそれぞれはどんな存在ですか?」と聞かれると、金村が「なんて答えたのか、覚えてない……。なので何も考えずそのまま答えるんですけど、菜緒は私にとって憧れであり、私が持っていないものをたくさん持っている、頼もしい仲間です。デビュー当時から自分をしっかり持っていて、尊敬してます」と思いを告白。  小坂も「私も覚えてないので今、美玖に感じている気持ちを表現すると、ずっと傍にいてくれないと困る存在です。美玖がいるから私も頑張れる。ものすごく努力家で負けず嫌いで、刺激 をたくさんもらっています。仲間であり、ライバルであり……。そういう存在です」と語った。  3年前のインタビューでは、金村が小坂について「お姉ちゃんみたいな存在で色々教えてくれます」、一方の小坂も金村について「ライバルとしてとても大切な存在です」と紹介。まったく変わっていない2人の関係に、2人は笑い合っていた(抜粋のため一部文章を改変)。

(引用元記事)
https://news.yahoo.co.jp/articles/15e03c3dc234b8ea0e63337515119d04c3c5b294

続きを読む >>

 

日向坂46のキャプテン佐々木久美(24)が、24日午後7時から生配信されるクリスマスライブ「ひなくり2020~おばけホテルと22人のサンタクロース~」への意気込みを語ります。今年はコロナ禍で全国ツアーや初の東京ドーム公演が中止・延期になりましたが、「自分を見つめ直すことができました」と冷静です。ポジティブにグループを引っ張ります。

けやき坂46(読み:ひらがなけやき)時代から数えて3回目のクリスマスライブとなる。「今年も世界観満載でお届けできると思います。本番1週間前に通しリハーサルもできているので、準備は万全です」と笑顔。配信視聴チケットは公演当日まで販売している。 「おひさま(ファンの通称)の方々にはもちろん毎年欠かさず見ていただきたいですし、ちょっとでも興味があるという方も見ないと絶対後悔するような仕掛けや演出がたくさんあります。自分でハードル上げちゃうんですけど、そのハードルを越えられるくらい、楽しいライブになると思います! クリスマスっぽいものを食べたり、デートをしながらでも見ていただきたいです!」

今年は3月から開催予定だった全国アリーナツアーがコロナ禍で中止・延期に。「自粛期間中はずっと家にいて、最初は気がめいっちゃうこともありましたけど、すぐ切り替えて、これまでなかなかできなかったことをやろうと思いました」。フルートやピアノを練習したり、料理や編み物に励んだりした。「がさつそうに見えて、意外とそういうの好きなんですよ」と笑った。「去年3月にデビューしてから、みんな自分と向き合う時間もなかなかなかったと思うし、貴重な期間になったんじゃないかと思います」と前向きだ。 12月に予定されていた初の東京ドーム公演も来年に延期。「難しい状況というのは分かっていたので、そこはみんな『よし、来年に向けて頑張ろう』と切り替えられたと思います」と明かした。「(有観客)ライブも握手会もできなかったのはもちろんすごく悲しいことですけど、その中で得られたこともありましたし、グループの雰囲気はいいです」と言い切った。

自分を見つめ直す中で、キャプテンとしての考え方も変わってきた。「今まではグループだけのことを考えるのがグループのためだと思っていたんですけど、自分をアピールするのもグループのプラスにつながるんだと感じました」と説明。「丹生(明里)ちゃんのゲームとか、カゲ(影山優佳)のサッカーを見習って、もっと好きなことを発信して、仕事につなげていきたいです」と意気込んだ。

今年は日向坂46メンバーのバラエティー出演も目立った。「『毎日テレビで見るよ』って言ってくださる方もいて。本当にありがたいです」と感謝。「ここがピークにならないように、ちゃんと今後につなげていきたい。番組で活躍できるのが一番ですけど、まずはどこに行っても、ちゃんとあいさつ。何年たっても、そういうところを大事にしていきたいです!」と誓った。

(引用元記事)
https://news.yahoo.co.jp/articles/c08373ab1f41f7a9597e4f18a672fee1a9d88f58https://news.yahoo.co.jp/articles/c08373ab1f41f7a9597e4f18a672fee1a9d88f58

続きを読む >>


1: 渡る世間は名無しばかり 2020/12/21(月) 21:51:21.61 ID:dMXXcm8b
★乃木坂46が最新曲「僕は僕を好きになる」、日向坂46が「ソンナコトナイヨ」、櫻坂46が「なぜ 恋をして来なかったんだろう?」を熱唱!さらに…乃木坂46と日向坂46がSPコラボ!2020年乃木坂46カラオケTOP10メドレーを披露!
★ディズニーコラボメドレー…乃木坂46生田絵梨花×久保史緒里「アナと雪の女王」

引用元:https://himawari.5ch.net/test/read.cgi/livetbs/1608475490/ 

続きを読む >>

続きを読む >>

続きを読む >>

 

日向坂46の埼玉県出身メンバーがお送りしているTOKYO FMの番組「ベルク presents 日向坂46の余計な事までやりましょう」。ラジオならではのトークはもちろん、「やらなくてもよい!?」余計なことまでやってみる! がコンセプト。今後のアーティスト活動、タレント活動、すべてがつながる……未来を見据えたラジオ番組です。12月11日(金)の放送から金村美玖が1人でお届けします! ここでは、初めて金村のことを知った人のために、まだどこにも言っていない“初出しプロフィール”を紹介しました。

◆先週の放送を聴いた感想は?

◆「足に筋肉がつかなくて…」

【金村美玖の“初出しプロフィール!”】

初出し質問:その1「誰にも言っていないストレス発散法は?」

初出し質問:その2「習い事は何をやっていましたか?」

初出し質問:その3「金村美玖の“流儀”は?」

続きを読む >>

 

  アイドルグループ「日向坂46」の佐々木久美さん、金村美玖さん、丹生明里さん、渡邉美穂さんが、12月20日午後10時から放送されるバラエティー番組「有吉ぃぃeeeee! ~そうだ! 今からお前んチでゲームしない?」(テレビ東京系)にゲスト出演する。

番組では、「四天王vs日向坂バーター軍団!スプラ対決」と題して、日向坂46の4人が、ゲーム「スプラトゥーン」で負け知らずの有吉弘行さん、お笑いコンビ「タカアンドトシ」のタカさん、トシさん、「アンガールズ」の田中卓志さんの4人と対戦する。クリスマスプレゼント交換会も行われ、謎のプレゼントが続々登場する。 

(引用元記事)
https://news.yahoo.co.jp/articles/0e5287f4043c403d27f47cefe5673d105b7cb593

続きを読む >>

 

人気アイドルグループ・乃木坂46山下美月日向坂46佐々木久美が、27日放送の日本テレビ系『ワールドドキドキビデオ』(後10:00)に出演する。

番組では、世界のあまたある「笑い」「驚き」「感動」に満ちあふれた衝撃映像をゲストが見ていくが、ゲストは感情を顔に出すことを禁じられる。爆笑ハプニング映像を見て「笑うのNG」、世界の衝撃番組を見て「驚くのNG」という衝撃映像との“にらめっこ”となる。

■佐々木久美 普段から感情のままにリアクションをしていることが多いので、衝撃映像やおもしろ映像に耐えるのが大変でした。心臓がバクバクするような映像が多かったので、私は耐えられるかな?と、ぜひテレビの前の皆様も我慢に挑戦してみてください。 それから、私が我慢している姿も面白いと思うので注目していただきたいなと思います。 あ、でも、感情がすべて顔に出てしまっているのであまりじっくりは見ないでくださいね(笑)。 ■山下美月 リアクションを我慢するというのは、辛かったです。お笑い映像は、我慢できるタイプだと思っていたのですが、数分でけっこうなエネルギーを使いました。我慢するって大変ですね。 視聴者の方には、一緒にリアクションを我慢しながら見ていただきたいです。 牛乳とか飲みながら見てほしい(笑)。年末なので、家族みんなで見てほしいという思いもあるのですが、絶対に笑わないという強い意志を持って、一緒に見てもらいたいです。

(引用元記事)
https://news.yahoo.co.jp/articles/b0dd64ab41a636567f71b7bf36dad561b987fc65

続きを読む >>

 

日向坂46の井口眞緒さんが12月18日、就職先の一般企業から営業部として戦力外通告を受けたことを自身のYouTubeチャンネルで報告。新部署でYouTube活動を本格化させる井口さんに「必ず井口さんには得意分野があると思います」「応援してる身としても二日酔いや居眠りは本当アカンよ」などさまざまな反響が寄せられています。

18日に公開された「ご報告」と題した動画では、スーツ姿の井口さんが「先日、私は会社から営業OLとしての戦力外通告を受けました」と告白。取引先とのWEB会議での居眠りや、ミーティングに二日酔いで参加、先輩から教えてもらったことを度々忘れてしまうなどの行動が重なってしまった結果だと明かしました。それはシンプルにやらかしてる。  今後は会社が新しく作った井口さんだけの部署に移動して、YouTuberとしての活動を本格化しチャンネル登録者数100万人を目指すとのこと。また、コミュニティを作成し、ファンからのリクエストやアドバイスに応えていくと説明しました。動画を公開後、井口さんは「今までお世話になった全ての人たちに、よかったねって言ってもらえるような恩返しができるようなそんな結果が残せるように頑張ります!」「本当にいつもごめんなさい。そしてありがとうございます」と応援してくれるファンへのメッセージをTwitterでつづりました。

また、社会人としての井口さんの振る舞いを心配したファンからは「応援してる身としても二日酔いや居眠りは本当アカンよ」「普通は笑えないと思う。なんか心配」「お酒やめた方がいいと思う」「チャンスを与えてくれる人間に対する恩だけは忘れずに活動してほしい」など、アドバイスも多数寄せられています。

(引用元記事)
https://news.yahoo.co.jp/articles/3c0aa1dc1487ae0e69f0dc26532d7b58f8278539

続きを読む >>

 

人気アイドルグループ・日向坂46が、『月刊ヤングマガジン』1号(講談社)の表紙と全グラビアページをジャックした。人気メンバーが大集合し、巻末グラビアには上村ひなの(16)&高橋未来虹(17)の“3期生ペア”が登場した。

巻末グラビアを飾ったのは、たった一人の3期生として輝き続けてきた上村と、新3期生として加入した高橋。今回のグラビアは、日常のなんてことのない風景で見せる二人の“ほっこり”素顔を撮り下ろした。  同号のカバー&巻頭グラビアは小坂菜緒(18)、金村美玖(18)、濱岸ひより(18)の“18歳トリオ”、巻末グラビアには東村芽依(22)&影山優佳(19)ペアも登場する。特別付録はそれぞれのグラビアのカットを使用した全3種類のポストカード。

(引用元記事)
https://news.yahoo.co.jp/articles/55c06ee58e7d18c641c531957039aa1fb5529cc9

続きを読む >>

 

1月20日に日向坂46のドキュメンタリー映画「3年目のデビュー」のBlu-ray / DVDがリリースされる。この作品に収められるディレクターズカット完全版の場面写真が公開された。

「3年目のデビュー」は、けやき坂46として活動した2015年からの3年間と、2019年2月に日向坂46に改名して以降の1年間の活動を追った作品。ディレクターズカット完全版では劇場公開版には収められなかった各メンバーへのインタビュー、ミュージックビデオ撮影やリハーサルの様子、楽屋の風景などの貴重な映像が楽しめる。今回はその中から、長濱ねるとけやき坂46新メンバーの初対面シーン、「ドレミソラシド」MV撮影の裏側などのシーンが公開された。YouTubeではティザー映像が公開中。

(引用元記事)
https://news.yahoo.co.jp/articles/9562099f2b3abe3a03f459f73df533e70872e0ff

続きを読む >>

続きを読む >>


アイドルグループ「日向坂46」のメンバーが登場する、12月21発売の雑誌「B.L.T.」(東京ニュース通信社)2021年2月号の表紙が公開された。「アザトカワイイ!? 10人のひなパ」というコピーが添えられ、加藤史帆さん、齊藤京子さん、佐々木久美さん、佐々木美玲さん、東村芽依さん、金村美玖さん、小坂菜緒さん、丹生明里さん、渡邉美穂さん、上村ひなのさんが白の衣装でキュートな姿を見せた。

メンバー10人それぞれの、各2000字以上のソロインタビューも掲載。冠番組以外のテレビ出演が相次いだ2020年を振り返るほか、2021年に向けた思いを語る。“年忘れ”にちなんで、「なかったことにしたい今年の出来事」という質問には、日向坂46らしい“珍回答”が連発する。

(引用元記事)
https://news.yahoo.co.jp/articles/3c3704456071f5bf543e4ede9f3864579e841f3f

続きを読む >>


日向坂46が12月28日(月)19:30よりMTV「Storytellers」に出演する。

1stアルバム「ひなたざか」収録の新曲「アザトカワイイ」「My fans」「ただがむしゃらに」や、 各期生ごとの楽曲、ユニット曲、ライブ定番曲「約束の卵 2020」など全10曲をフルサイズでパフォーマンス。今回のセットリストには「2020年の活動を振り返って今披露したい楽曲」というメンバーの意向が反映されている。またトークパートでは、2月を最後に有観客ライブができていないことに対してのファンへのメッセージや、休業中のメンバーへの思いを語る様子がオンエアされる。

■ MTV「Storytellers」 2020年12月28日(月)19:30~21:00 <セットリスト> 01. アザトカワイイ 02. My fans 03. My god 04. 君のため何ができるだろう 05. この夏をジャムにしよう 06. やさしさが邪魔をする 07. Cage 08. ママのドレス 09. ただがむしゃらに 10. 約束の卵 2020

(引用元記事)
https://news.yahoo.co.jp/articles/093bb49df7f7b8ee3f1de952e11215324f93b054

続きを読む >>

 

日向坂46は、2015年に「けやき坂46」としてデビューしたアイドルグループで、結成当初は「欅坂46」(現・櫻坂46)の妹分という立ち位置でした。地道な活動の末、2019年2月に「日向坂46」として生まれ変わった彼女たちは、デビューシングル「キュン」のリリース以降、アイドル界の第一線を走り続けています。

●ソンナコトナイヨ

●キュン

●ドレミソラシド

●あなたが好きな日向坂46の曲は?

続きを読む >>

続きを読む >>

続きを読む >>

TBS系音楽番組『CDTVライブ!ライブ!』のクリスマス特番として21日に生放送される『CDTVライブ!ライブ!クリスマススペシャル』(後7:00~10:57)の出演アーティスト第2弾13組が発表された。

乃木坂46は来年1月リリースの26枚目シングル「僕は僕を好きになる」、日向坂46は「ソンナコトナイヨ」を歌唱。さらに、乃木坂46の2020年カラオケTOP10メドレーを、両グループのスペシャルコラボで披露する。

■『CDTVライブ!ライブ!クリスマススペシャル』出演者(★=第2弾) AI ★ いきものがかり ★ 瑛人 EXILE ★ 櫻坂46 三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE ★ SEKAI NO OWARI ★ SEVENTEEN DISH// TOMORROW X TOGETHER(TXT) 中島美嘉 with 藤巻亮太 ★ 乃木坂46 ★ Perfume ★ BTS 日向坂46 ★ 福山雅治 ★ BABYMETAL Mr.Children 宮本浩次 ★ 森内寛樹 ★ LiSA Little Glee Monster ★ ほか ※50音順

(引用元記事)
https://news.yahoo.co.jp/articles/47836242e09d2db7080728ae99e2a282bfb76aa9

続きを読む >>

続きを読む >>

 

今週のCDシングル売上レポートから2020年12月7日~12月9日の集計が明らかとなり、櫻坂46の1stシングル『Nobody's fault』が366,362枚を売り上げ、現在首位に立っている。

櫻坂46はシングル発売の前日に東京国際フォーラム ホールAで【デビューカウントダウンライブ!!】を開催し、その模様は全国の映画館でライブビューイングされた。今週後半でどこまでセールスを伸ばすか、その結果に注目したい。

(引用元記事)
https://news.yahoo.co.jp/articles/5eb94994bee58697c904dbfae205e37c377b5cc9

続きを読む >>

 

日向坂46の埼玉県出身メンバーがお送りしているTOKYO FMの番組「ベルク presents 日向坂46の余計な事までやりましょう」。ラジオならではのトークはもちろん、「やらなくてもよい!?」余計なことまでやってみる! がコンセプト。今後のアーティスト活動、タレント活動、すべてがつながる……未来を見据えたラジオ番組です。

12月4日(金)の放送は、丹生明里(にぶ・あかり)と金村美玖(かねむら・みく)の2人でお届け! ここでは、10月・11月のパーソナリティをつとめた丹生が、12月からパーソナリティをバトンタッチする金村のプロフィールを勝手に作成。それを紹介していきました。

丹生:金村とこの番組で話すのは、第1回以来なんだね! 金村:そうなの! 丹生:そのときは、渡邉美穂も入れた3人でお送りしたんですけど、2人でやるのは初めてだね。えっ、どうだった? このラジオは聴いてた? 金村:聴いていたけど、本当にね……ハードル上げすぎ! 2人:ハハハハハ(爆笑)。 丹生:でも、このあいだ3人でインタビューを受けたときにもラジオの話になったけどさ、やっぱり(2人にパーソナリティをバトンタッチしても)絶対に大丈夫だと思うんですよ! 金村:いやいやいやいや! 丹生:美穂も金村も「やば~い!」って言っているけど、2人ともおしゃべりが好きなので。 金村:それはたぶん、丹生ちゃんの視点だからだよ! 丹生:まぁ確かに(笑)。 金村:この番組の放送は今日で10回目だけど、ここまで丹生ちゃんが(番組を)作り上げてきたわけなんですよ、コーナーとかもだんだん大きくなってきて。それで、できあがってきたモノを次回から私が受け継ぐわけなんですけど……。 丹生:そうですね~。 金村:それが“私にできるのか!?”っていう話なんですよ。 丹生:でも、私もぼ~っと2ヵ月間やってきたわけではないので、私のDNAをね……まぁ“(言葉を)噛むDNA”しかないかもしれないけど(笑)。 金村:やめてよ~、私には要らないよ(笑)! 丹生:でもまぁ、(私の経験を)受け継いでもらいつつ、またこの番組を“金村カラー”に染めていってほしいなと思っております! 金村:わかりました、頑張ります!

金村美玖のプロフィール:その1「性格をひと言でいうと……マグロ!」

金村美玖のプロフィール:その2「好きなものは……“カメラ”と“重い食べ物”」

続きを読む >>

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

hinaohdorinews

Author:hinaohdorinews
日向坂で会いましょうを見て、日向坂・オードリーのファンになりました!
よろしくお願いします。

リンク先記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示